複数の消費金融に申込は断られる?

消費者金融に借り入れを申し込んだ場合、初回にどれだけお金を貸してくれるのかというと、一般的に50万円が限度になります。貸金業者によっては10万円や30万円など、利用限度額を50万円より少なく設定することも少なくありません。低めに設定するのはリスク回避のためで、客がきちんと返済しないなど問題のある人間だった場合でも、貸しているお金が少なければそれほど大きな被害を受けなくて済むというのが具体的な理由です。なので、契約時は少なめに融資して、カードの使い方から判断して客に問題ないとわかった場合は、増枠の誘いを行って限度額を上げるケースが多いです。
ただ、客の立場からすると、150万円借りたいのに、一社あたり10万円や30万円しか借りられないとなると、複数の消費者金融に申込みを行うしかなくなります。では、一度に複数の消費者金融に申し込んでも大丈夫なのでしょうか。
実はこの試みを実際に行った人は何人もいて、結果は芳しくないことがはっきりしています。なぜ、複数の消費者金融に一度に申し込むのがだめなのかというと、業者側が警戒するからです。たとえば、他人の運転免許証などをなんらかの手段で手に入れた人が、それを使って申し込みを行っているといったケースが考えられます。同時申し込みも二社程度であれば許容範囲といえますが、五社も六社も同時にということになると、犯罪性を疑われてしまって審査で断られてしまうわけです。総量規制対象外ローン